--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 05. 25  
自転車に乗れずに何日かたつと、自転車通勤が良いストレス発散
になっていると実感できます。

さて、ビンディングペダル導入へもっとも恐れられている
『立ちゴケ』に関して書いてきて3回目となりました。

今回は、私が実践している立ちゴケ防止法を書いてみようと思います。

ズバリ『足が固定されていることを忘れない!!』

これだけだったら、当たり前すぎて、ここまで期待して読んでこられた
方に怒られますね・・・・・
初めから期待なんてしていない!というのはおいといて。

足が固定されているのを思わず忘れてしまうので転ぶのですから・・・・

では、なぜ固定されていることを忘れてしまうのか、
この部分が私の実践するポイントでもあります!

ビンディングにしてのメリットは『引き脚』が使えるということが
最大だと言っても過言ではないでしょう。

フラットを使用してきた私は、この最大とも言えるメリットを利用すべく、
ビンディングにしてからというもの、
いかに引き脚をうまく使えるかということを意識して
ペダリングをしていました。

引き脚を意識していると、
足がペダルに固定されている感覚がイヤでも味わえます。
フラットの時とは全く違う感覚が常につきまとうので、
足が固定されているということをイヤでも意識せざるをえないのです。

私は、このことにより止まるとき足をリリースし忘れる事なく2ヶ月、
立ちゴケもなく過ごしてきました。

最近は、あまり意識しなくとも、リリースすることが止まるときの一連の動作
として組み込まれつつあります。
(こういう油断が立ちゴケを生むかもしれませんが
・・・こういった内容をブログに書くことで自分への戒めとする意味があります。)


引き脚を意識せずにできるようになるころには、リリースも無意識にできるよう
になるのでは?などと、都合よく考えているのですが、そこはあまいかな~?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

期待してたのにそんなことかよ~と思われた方、申し訳ありません。こんなことです。
次回、なにを書こうかな~自転車乗ってないし・・・・

スポンサーサイト
2010. 05. 24  
土曜日は、庭の草取りなどなどで時間がつぶれ、
しかも下の子が熱っぽかったのでどこにも行けず。

日曜日は、朝から雨、自転車の小物などを買いに行こうかと思ったら、
家の買い物で時間がなくなり×。

月曜日は、やっぱり朝から雨で自転車に乗れず・・・・・

間があいてしまいましたが、
ビンディングペダルは怖くない その2 立ちゴケに関して。
立ちゴケは怖くない。

あっ、前回、今回のエントリータイトル『・・・初心者ですけど』というのは、
私自身がビンディングペダル初心者ですが、偉そうに怖くないだとか書いてる
所からこうなっています。

私自身、ビンディングペダル使用歴 2ヶ月ですから~~。
立ちゴケは今のところ一回もないですよ~。
この先はわかりませんが・・・・・・

で、以下の分、前回も含めてですけど、そんなビンディング初心者である
私が書いてる文章として読んで下さいね。

さて、本題『立ちゴケ』は怖くない!
その理由を書いていこうと思います。

立ちゴケの怖い理由として、転んだところに車が来て・・・・と思っている方。
間違ってます!
あっ、すべてが間違いではないですし、これから書く理由にすべてが当てはまる
訳ではないので、ケースバイ ケースですが・・・・

立ちゴケする時はどんなときでしょう?
軽快に走っていて、前方の信号が赤に、という場合が多いのではないでしょうか?
信号に限らず、一時停止が必要な場合に立ちゴケするのでは?

コケた所に車が・・・・
と考えていないでしょうか?

冷静に考えましょう。自分が信号で止まる時、同じ方向に走っている車も
止まりますよね。(例外の交差点・信号機などもあるでしょうが)

気づきましたか?
自分が止まる時は車も止まるんです。

交差点の先頭付近まで進んで止まるか、前を走っていた車のすぐ後ろ
で止まる場合、コケても後ろから来る車なりに轢かれる可能性は非常に
低いと思いますが、いかがでしょう?

もちろん、例外もあるでしょうから、転んでも絶対平気とはいえませんが、
これで気分的に多少でも楽になるとおもいますが。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

それでも、立ちゴケは嫌なものです。次回、僕が実践している立ちゴケ防止法!!


2010. 05. 22  
忘れてましたが、ブログを開設してからアッというまに1ヶ月がすぎてました。

一応、アクセス解析などを行っているので、今回は解析結果から見て内容
を決めて見ました。

題して『ビンディングペダルは怖くない!!』

先にも書いたようにアクセス解析によると、『ビンディングペダル』
『ビンディングペダル・初心者』などのキーワードで検索し、当ブログに来て
くださる方がそれなりにいるようです。

自分もビンディングペダル導入を考えた時に、
同様のキーワードで色々な方のブログを参考にさせて頂いた事も思い出し、
導入に迷っている方の背中を押してあげようというのが今回のエントリーです。

導入をためらう最大の理由は『転びたくない!』ではないでしょうか?私はそうでした。

そこで質問です。  

普通にフラットペダルで走っていて転んだことありますか?
もしくは、転びそうになって足を着いて事なきを得たということってありますか?

滅多にないと思いますがいかがでしょう?

不測の事態が起こって転ぶというのであれば、ビンディング・フラットペダル
どちらでも転ぶでしょう。

ビンディングだから転ぶという事『普通に走行している時』は、
ほとんど無いと思いますがいかがでしょう?

では、どのような時に転ぶのか、走行中ではなくて『止まる時』とみなさん想像しているのでしょう。

いわゆる『立ちゴケ』ではないでしょうか。

では、立ちゴケの何が怖いと感じてますか?転ぶこと自体が怖いというのももちろんあるでしょうが、
転んだときに、車が来て・・・・というのが怖いと思っていませんか?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

次回、立ちゴケは怖くない!!
2010. 04. 29  
くだらない文章におつきあいいただき、今回のエントリーまできて頂いたみなさ
まには本当にありがたく思います。

今回は、予告通り『ビンディングペダルの効果』について書いてみたいと思います。

フラットペダルでの走行距離   約 2900km(10ヶ月の通勤+ポタ)
ビンディングペダルでの走行距離 約 320km( 1ヶ月の通勤+ポタ)
ビンディングペダルは TIME iclick RACER(これ以外の使用経験は無し)

通勤経路は、ほぼフラット。

ただし、家が山?丘?の上にあるため 1km弱 6%程度の登りが帰宅時
の最後の最後に控えています。

この経路での使用感・効果であることをふまえてください。

・キャッチ/リリース

 前回、前々回の駄作エントリーで書いたように、どちらも非常に楽です。
 特にキャッチ。 購入/使用前に色々ネットを見て回りましたが、
 キャッチ時に『力を入れて』 とか『下死点で踏み 込むように』
 などすることなく嵌ります。

 リリースもこんなものなのでしょうか?外しづらいとか外れないということは、
 クリートの向きを 調整してからはありません。

・スピード

 サイコンを購入してからは、自転車に乗った時のデータをずっと記録してあります。
 導入後1ヶ月のデータと導入前 2ヶ月のデータで比較したところ 1km/h UP
 していました。

・ケイデンス

 スピード同様平均ケイデンスで比較をしてみましたが変化なし。
 ただし、ケイデンスの範囲(注 80rpm以下 80~100rpm の範囲内 100rpm以上の
 どの領域で回しているかの %値)
 に注目してみると。導入後は 80以下 80~100の範囲は下がり 100以上が増えて
 いる傾向です。
 ただし、これは使用ギア比等の兼ね合いもあるでしょうから、ペダルの効果なの
 かはちょっと 疑問です。

以下、データではなく感覚としての効果。

・疲労度

 以前より疲れるようになりました・・・・。と書いてしまうと語弊があります。
 フラットペダル時に疲れていた部分の筋肉は圧倒的に楽になりました。しか~~し
 引き足を意識するあまりなのか別の部分が疲れます・・・・へたれです。

・坂道

 劇的な変化です。ただし、ペダリングを変えないと
 効果はないです。
 最初、
 ペダルもシューズも買ったのに変化ないじゃん!!。
 ふと気づき、あっ、引き足を意識してみよう。と、太ももを引き上げる意識をもって
 漕いでみたら!!
 なんじゃこりゃ~
 ってな変化がありました。えっ、こんな表現じゃわからないですか?
 わかりませんよね。すいません。
 2枚重たいギアでも上れますって感じでしょうか。

・気持ち 

 気持ちがいいです。なんか、自転車と一体になってる~って感じが。先に書いた事と
 矛盾しますが、乗っている間は疲れにくく感じます。
 今まではモモの一部だけが負担していた のがモモ全体を使っているからでしょう。
 私のようなへたれなペダリングでも。
 その分乗っていて気持ちいいのだと解釈してます。降りたあとは
 モモだる~~いって感じですけど・・

ビンディング導入を決める時、みなさんが一番気にする事ではないでしょうか、
私は、ひじょ~~に気にしました。

・立ちゴケ
 
 現在、1度もしていません!危ない度 75%位ってのは数回経験しましたが、
 危機一髪などという、追い込まれた状態はまだありません。
 普通に走っている状態ではまず転び ませんし、やはり止まる時が危険でしょうが、
 外す心構えをもっていれば、まず平気でしょう。
 緊急停止が必要な場合、どうにもならないと思います。
 そうならないように、予測運転を心がけるしかないですね。

 偉そうに言ってますが、立ちゴケしたら、正直にこのブログで告白しますね。


まとめ、費用 対 効果 で言ったら
(シューズもペダルも上位モデルで!というのは無しで)

絶対に導入すべきでしょう!!

いや、立ちゴケが怖くて、ようやく導入した自分が言うのもなんなんですがね・・・・

以上、ビンディングペダル 効果編でした。
尚、上記の効果は万人に対し保証できるものではありません。
あくまで、私個人の主観です。

お財布とよく相談し導入をお決めいただくようご注意申し上げておきます。

おっ、ビンディングペダルって良いのか~~と思われたかたクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
2010. 04. 28  
なかなか、話の進まない当ブログにおつきあいいただき、
まことにありがとうございます。

左足編、開幕です。

・・・・右足は問題なしと確信。

男は、フェンスにかけた手をそのままに、左足をペダルの上にそっと重ねた・・

周囲は、一般家庭を装うために本部より派遣された、見せかけの我が子が、
一般家庭の同年代の子供と騒ぎ回っている。

その喧噪の中、カチッ という右足の時と同じ乾いた音が男の耳にハッキリと
聞こえた。

苦労はなかった。

予想していたよりも遙かに簡単に、力もいらずに男の両足は固定された。

この後、右足の時と同様に左足も外してみるが・・・・・外れない。

右足と同様の動きをしているつもりだが・・・・あわてる様子を表に出さないように、
表面上は、努めて冷静に、先ほどよりオーバーアクションにしてみると、
カチッと音を立てて、左足は自由になった。

再度、左足をペダルに重ねる。こともなげに固定される。が、簡単には外れない。
ここで、固定されたままの右足を外し、一度、特殊車両と距離をとった。

男は自身に装着された任務に必須であるが、歩行のことは考えられていない
形状のシューズに目を落とした。

そして、おもむろにシューズを脱ぎ、その裏面に取り付けられているクリート
なるものを確認した。

現在、クリートなるものは、シューズに対して左右ともに真っ直ぐに取り付けてある。
これを、ペダルに取り付けた時につま先が外に向くように修正してみた。

再度、意を決して特殊車両へと近づき、調整されたシューズで片手はフェンス、
片手はハンドルという、前回同様のスタイルで右足をペダルに載せる。

クリートの向きを変えたが問題無い。

左足は固定しないまま、右足を外してみる。これも問題無い。
数度繰り返し、いよいよ左足である。

キャッチに関しては、前回同様・・・向きを変えたにもかかわらず問題無い。
リリース、先ほどとは比べようも無いほど簡単に外れた!

左足のキャッチとリリースを何度か繰り返す。全く問題ない。

フェンスに掴まったまま、男は深く息を吐き出した。その目には、
今までより強い決意を宿して。

男は下げていた視線を上げ、ゆっくりと足を回し始めると同時に、
フェンスから手を離した。

ほんの数十メートルをゆっくりと走り、走りながら左足のリリースを試みる。

先ほど同様、こともなく外れる。

右足で漕ぎ出し、左足を嵌める。左足を外し、自転車特殊車両を止める。
この動作を何度か繰り返してみるが、問題はない。

いよいよ、本日の任務に向け出発である。

本日の任務は、本部周辺の警戒任務である。

都合の良いことに我が本部は、山(丘)を切り崩した新興住宅地であり、
どこへ行くにも 6%とという斜面を下りなければならない。
下りて本部を離れると言うことは、帰還時は登りである。

特殊装備を試すには好都合だ。

・・・・・次回、ビンディングペダル 脱 初心者への道・・・効果編を予定

毎度の事ながら長い駄文におつきあいありがとうございます。
効果の程はどうなんだ?と思った方はクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

スキー小僧

Author:スキー小僧

自転車通勤を始めて1年弱
のサラリーマン。
いまだにフイルムカメラを
好んで使う変わり者。
冬は、スキー場に出没。
30代後半、2児のパパ。

ジョグノート
全記事表示リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。